コンテンツ
ヘッダ

山下美紀 Heavenly Breeze

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
歳を取るということ
記事本文

いや〜、まいったーーー(~_~;)

この何年かで「老い」というものと向き合う機会が多くなってます。

 

50歳を迎えたあたりでは、特に自分が老けた、と感じたことはなかったのですが

昨年くらいから、身体の機能が少しずつ変化してきてるのを実感するようになりました。

 

今までアレルギー知らずだったのが

化繊製品にかぶれるわ、大好きだったメロンが食べられなくなるわ

この春はどうやら花粉症デビューしたらしいわ

 

それから、そういえば母が苦しんでたな〜、くらいに遠くに感じてた

50肩に私も苦しめられるようになるとは…。

 

身体の変化だけではなく

見た目の変化も恐ろしいものがあります。


例えば、スーパーに買い物に行ったとき。

何気なく鏡に映った自分を見て、これ誰!!と恐れおののきます(笑)

一瞬だから耐えられるけど、写真として残るとなると…。


歌を歌っているので、今でも写真に撮られることは多いのですが

大体は撮られてることを意識した写真なので、それは何とかまだ大丈夫。

でも、カメラ目線ではない、意識していない写真が

あまりにも酷い!!


ただ、酷い!!と思っているのは自分だけなんですよね。
他の人は、「え?いつもの美紀さんですよ。」って。

そうなんですよ。酷いわけじゃなくて普段の私そのもの、なんですよね。

これは多分歳を取ってみないとわからないことなのかもしれません。
自分の中ではある一定の見た目で止まっている、
というか止まって欲しい!という願望があって
写真という現実を突き付けられた時
嫌悪感しか感じない、という。

いつまでも若くいたい、と思っているわけではないけれど
まだ見た目の変化に慣れていない自分がいます。
これがあと5年、10年経つとどうでもよくなるんだろうけど。

まさにQuantas Lagrimas
失いつつある素晴らしき時代にSaudade

今をしっかり受け止めて、ただ前を向いて生きていきましょう(笑)
記事続き
前後の記事
<< 3月のスケジュール♪ | TOP | 4月のスケジュール >>

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.