コンテンツ
ヘッダ

山下美紀 Heavenly Breeze

ボディ
メインコンテンツ

カレンダー

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事

タイトル
タイトル
関西サンバ女子 おもろかったーーーー(*^_^*)
記事本文

4月はライブが同じ週に2本あったのですが、

同じブラジルものでも全くタイプの違うもので

ちょっと人格さえ変わってしまうくらい(笑)

 

4月15日(土)は、なにわのブラジル、カイピリーニャにて

関西サンバ女子 Canta Dona Ivone Lara のライブでした。

 

去年、サンバ仲間のちえちゃんが、

関西のサンバ歌い女子で何か新しいことしませんか?

という思いつきで集まったメンバー

ちえちゃん、つぼめちゃん、なおちゃん、私のカントーラ(歌手)と

フラウチスタ(フルート奏者)ぺーちゃんの5名の女子と

ホントは女子だけでやりたかったのですが

なかなか弦楽器奏者がいないため、

しかたなく(笑) カバコにまっちゃん、7弦ギターにニッキーの

サンバ男子2名をお迎えして、結成の運びとなりました。

 

まずは曲決めと称してのお食事会から始まり…ちゃんと曲も決めましたよ(笑)

リハはみっちり4時間×3回 もちろん各々打上げもあり(^^)

 

ライブの4/15は、テーマであるDona Ivone Laraのお誕生日の2日後という

運命的なものを感じながら迎えた本番当日!

お店に入りきれないくらいのお客様(^^♪

本当にありがとうございました。

 

つぼめちゃんが当日の午前中にぎっくり腰再発というアクシデントもありましたが

痛みなんかまったく感じさせない堂々のパフォーマンスで

みんなの団結力もより固まった感で

めちゃめちゃ楽しい演奏になりました。

 

Ivone Laraの曲の強さと美しさがカントーラそれぞれの個性で彩られ

とっても聴きごたえのあるライブになったんじゃないかな、と思います。

 

この日は、1部がライブ、2部がオープンマイクだったのですが、

カイピリーニャの店主、カイピさんにも

今年中にまたやって〜〜、と言ってもらったので

次はフルセットのライブとして再演しよう!と計画しています。

 

サンバを演奏したり、聴いたりという愛好者は関西でもそんなに多くはいません。

多くないからこそ、みんな団結して仲良く交流していきたいと

みんなが願っているのです。

そして、少しずつでもその輪が広まって、長く続いていくこと、

それを願いサンバを歌い続けていきたいです♪

記事続き
前後の記事
<< Encontros e Despedidas 出逢いと別れ | TOP | サンバは国境を越えて Caipirinha御一行様 韓国へ >>

Comment

URL(U)
Comment(C)
Cookie
コメント送信
フッター
コピーライト
This template is made by CYPHR. (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.